書籍目録

『日本の女性とその文学』(現代日本文学アンソロジー第2巻)

好富正臣

『日本の女性とその文学』(現代日本文学アンソロジー第2巻)

著者直筆献辞本 [1924年] パリ刊

Yoshitomi, M(asaomi).

FEMMES JAPONAISES ET LEUR LITTÉRATURE. Critique, roman, théâtre, souvenir. (Anthologie de la Litterature japonaise contemporaine Tome II)

Paris, Henri Chariot, [1924]. <AB2020259>

¥132,000

Dedication copy inscribed by the author.

8vo (12.0 cm x 18.5 cm), pp.[1(Half Title (singed by author))-3(Title.)-5], 6-168, 1 leaf(Table), Original paper wrappers.

Information

大正期の日本における女性の社会批評、文芸分野での活躍をいち早くフランスに伝えた書物

ただいま解題準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

第1章:批評
 平塚らいてう、山川菊栄、三宅やすこ、小寺菊子
第2章:随筆
 堀保子
第3章:小説
 神近市子、鷹野つぎ
第4章:戯曲
 野上弥生子


「大正期には、好富正臣が『日本女性と文学、批評、小説、戯曲、回想記』Anthologie de la littérature Japonaise Contemporaine(グザヴィエ・ドルヴェ書店、1924年)の中で、女性の立場から権利を主張する作家をフランスに紹介している。東京帝国大学法学部を経て公使館勤務であった好富は、フランス留学経験で培ったフランス語で、有島武郎の『或る女』の翻訳を刊行した。好富曰く、日本は「女性の国」であるにもかかわらず、フランスで知られているのは吉原と芸者のみであるから、『日本女性と文学』では同時代の女性の活躍に焦点を当てる。島田歌子、羽仁もと子、鳩山春子、伊藤野枝、小説では藤原(宇野)千代、中条(宮本)百合子の名前を挙げた後、評論では平塚明子(らいてう)の『青鞜』から「原始、女性は太陽であった」(『今日の日本』Le Japon d’aujourd’lui, 所収、メボン訳)を引いている。1919年に平塚らが中心になって結成された新婦人協会は、女性の政治的権利の獲得という功績を残したが、日本における女性の惨めさは否定し難いと著者は記す。さらに、山川菊栄の『改造』、『中央公論』への寄稿、特に『女性』誌に掲載された記事「女性の失業の重大さ」を取り上げている。そして若手作家として三宅やす子、小寺菊子を、さらに回想の章には堀保子の『大杉栄追想』を、小説の章には神近市子、鷹野つぎの作品を、戯曲の章には野上弥生子による『藤戸』の能を紹介する。本書では大正デモクラシーの空気が感じとれると同時に、女性の置かれている悲しい状況を直視させられる。」
(田口亜紀「両大戦間における日本女性像:紋切り型からキク・ヤマタの女王の国へ」松崎碩子ほか編『両大戦間の日仏文化交流』由馬に書房、2015年所収、201-202頁より)