書籍目録

『いわゆるイエズス会の年代記 1552年から1763年まで』

[ガゼーニュ] / [ソテロ] / [コリャード]

『いわゆるイエズス会の年代記 1552年から1763年まで』

初版 全四巻(全五巻中) 1764年〜1769年 パリ刊

[Gazaignes, Jean-Antoine]

ANNALES DE LA SOCIÉTÉ DES SOI-DISANS JÉSUITES; OU RECUEIL HISTORIQUE-CHRONOLOGIQUE DE tous les Actes, Ecrits, Dénonciations, Avis Doctrinaux, Requêtes, Ordonnances, Mandemens, Instructions Pastorales, Décrets, Censures, Bulles, Bress, Edits, Arrêts,...

Paris, M. DCC. LXIV.(1764)-M. DCC. LXIX. (1769). <AB2020193>

¥660,000

First edition, 4 vols. (of 5 vols.).

4to (19.0 cm x 25.4 cm), 4 vols. *詳細な書誌情報は下記解説参照。, Contemporary full leather.
第1巻Ggg-i(pp.417, 418)上部に破れ(テキスト欠損なし)あり。

Information

イエズス会の外部から論じられた「イエズス会史」に記されたソテロ、コリャードをはじめとした日本関係記事

 本書は匿名の著者による、イエズス会の創設から1763年までの歴史を扱った全5巻からなる大部の書物のうち、日本関係記事を多くの情報源から収録している第1巻から第4巻までで、日本関係欧文史料としても非常に重要な文献です。

 匿名の著者は、バルビエ(Antoine-Alexandre Barbier, 1765 – 1825)の『筆名辞典(Dictionnaire des ouvrages anonymes et pseudonyms, 1806)』によって、トゥールーズのジャンセニストであったガゼーニュ(Jean-Antoine Gazaignes, 1717 – 1802)であることが明らかにされています。ガゼーニュは、筆名、匿名で書物を著した神学者で、本書は彼の代表作と言えるものです。年代記の形をとってイエズス会の歴史が論じられる本書の特異な点は、何と言ってもイエズス会と対立する立場にあったジャンセニストによって書かれた点にあります。イエズス会によってまとめられた同種の著作に比べて、フランシスコ会やドミニコ会といった他の修道会との対立や論争を豊富に収録していますが、イエズス会に対して不当に攻撃的であるというよりも、論争に関係する双方の立場の史料を収録していることから、むしろ客観的な叙述を心がけていると評価できる内容で、その資料的価値は大変高いと言えます。無用に論争的、攻撃的であることよりも、イエズス会による資料や文献を可能な限り駆使しながら客観的であろうとするその執筆態度は、むしろ一ジャンセニストの立場から逸脱しているとさえ言えるものです。
 
 本書は、日本関係の記述が散見されることでも大変興味深く、特にドミニコ会士で『日本文典』や『懺悔録』といった作品を著した、コリャード(Diego de Collado, 1589? – 1641)(第3巻)と、慶長遣欧使節を企画したことでも著名なフランシスコ会士のソテロ(Luis Sotelo, 1574 – 1624)(第2巻)については、それぞれ数十ページを費やして論じています。

 彼らが特に取り上げられているのは、イエズス会との論争に深く関与していたからでしょう。コリャードはイエズス会士による日本布教独占を非難したことや、ソテロが日本での殉教直前に認めたとされる「教皇ウルバーノ八世宛書簡」を刊行したことでその真偽を巡ってイエズス会から激しく非難されたことがよく知られています。

「この手紙では、日本の教会の暗澹たる状況が語られると同時に、イエズス会による宣教のあり方が非難されていた。この手紙の内容そのものの信憑性に関しては、教皇自身が疑念を抱き、ソテロの友人であったタマヨが教皇に召喚されてその署名を確認する事態になった。(中略)もし、その書簡が、イエズス会を陥れる目的で捏造されたものなら、フランシスコ会の重大な不祥事となり得る。しかも、その書簡が届けられたのは、フランシスコ会が長年推進してきた列福作業(いわゆる1597年の「日本二十六聖人」死者の列福作業のこと、当時イエズス会は彼らの列福に消極的だった:引用者注)を成功させようとしている時で、ちょうどイエズス会の妨害にあっていた時期だったというのは、タイミングが良すぎるのではないか。一方で、ソテロの手紙の内容に一抹の真実があるとすると、どうしてイエズス会ばかりが日本宣教の独占状況を継続し、なおかつ日本の殉教者の選別にまで口出しできるのだろうか。この書簡の審議をめぐる事件は、どちらに解釈されても、イエズス会かフランシスコ会のいずれかが、不利益を被ることになるのは必至という政治的紛糾状況を生み出した。」
(小俣ラポー日登美「聖性の創り方:いわゆる日本二十六聖人の列福過程(1627)」名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター編『HERITEX』第3号、2020年所収、329頁より)

 「この日本でのイエズス会との対立をローマにまで持ち込んだのは、ほかならぬコリャードその人であった。イエズス会、ドミニコ会、それぞれの背後にあるポルトガル、スペイン両者の利害の衝突ということもあるが、弾圧を目の当たり見、不況の困難を体験したコリャードには、イエズス会による日本布教独占が最良のものとは思われなかった。ローマに戻ったコリャードは、ローマまたはマドリッドで、ポルトガル布教保護権下にあるイエズス会士の問題、また布教維持のための貿易などを論じ、あるいは在日イエズス会士に対する告訴状を出すなど、その非を訴えたが、イエズス会の反論にあい、大方の賛同を得ることができず、その意図は功を奏しなかった。しかし、日本についての知識の有効性は布教聖省の認めるところとなり、その費用で、(イ)日本文典(ロ)(判例集としての)懺悔録(ハ)羅西日辞書の三書が、1632年の刊記をもって刊行されるのである。」
(コリャード著、大塚光信校注『懺悔録』解説より)

 ソテロも慶長遣欧使節の評価、並びに日本再入国後の殉教の評価についてイエズス会からの攻撃の対象となりました。特に、前述のソテロが殉教直前に、教皇ウルバーノ八世に宛てて1624年に出したとされる書簡は、1628年にコリャードによってマドリッドで印刷に付されてから、その真偽を巡って激しい論争が起きました。本書は、これらの論争についてその背景と意義を整理しながら、双方が提出、刊行した出版物、そしてもちろんソテロの教皇宛書簡をラテン語、仏訳版を併記して再録しています。ソテロの教皇宛書簡そのものだけでなく、その前段に論争の背景や、当時の日本布教のあり方をめぐる記述が多く含まれており、当時の論争を多面的に理解する上で大変重要な資料集となっています。この書簡や、本書で言及、引用されている資料は、いずれも小冊子であったり、少部数のみの印刷だったため、現在では極めて入手が難しく、それらを整理した上で収録している本書の価値は非常に高いものがあります。
 
 本書は、上智大学のラウレス文庫にも収録されておらず、また主要な日本研究書誌にも掲載されていないため、これまでほとんど研究されていなかったものと思われますが、わずかに野間一正の訳になる『ベアト・ルイス・ソテーロ伝』において言及されていることが確認できます。

「大村の牢にあって、ルイス・ソテーロ師は、1624年1月20日付で教皇に書簡を書き、使節のこと、日本布教の状態、及び師の投獄につき報告した。(中略)
1628年、コリャード神父はこの書簡をマドリッドで出版(ラウレス文庫JL-1628-KB14-390-261のこと:引用者註)し、原文を所持していることを明らかにした。このことを知るや、イエズス会士たちは、聖省並びにインド顧問会議に訴え、偽作であると難癖をつけた。そのため、コリャード神父のみならずフランシスコ会の総代理までも弁護に廻らなければならなかった。(中略)イエズス会士らは、ソテーロ師の書簡が偽作であると決めつけようと懸命になり(中略)マドリッドに於いて1628年3月5日付で、マニラ代司教座聖堂会計係兼同大司教区司教代理をし、緊急入港により1609年9月から1610年3月まで滞日したことのある、ファン・セビーコス博士署名の『論議』(ラウレス文庫JL-1628-KB17-393-261cのこと:引用者註)を出した。(中略)然し、セビーコス自身の告白及びコリャード神父の証言によって、この『論議』はイエズス会士たちにより偽作されたことが明らかなので、この論文に述べられている証拠はすべて、正しく批評すれば無効である。この『論議』の巻末に、日本の宣教師イエズス会の神父12名により書かれたと称するものが二葉印刷されている。(中略)同博士はこれを読むや、偽りの多いのに憤然とし、自分が作者であるとされているものすべてに抗議し、『論議』が偽作であるとさえ言明するに至った。(中略)ソテーロ師書簡の初版は、コリャード神父出版のもので、出版地も印刷年号も記されていないが、1628年、マドリッド出版のことは明らかであり、この版一部がパストゥラーナ文書館に存する。(中略)”Annales de la societé des soi-disans Jesuites”(本書のこと:引用者註)第2巻、766頁−802頁に、フランス語版およびラテン語版が掲載せれている。」
(ロレンソ・ペレス著、野間一正訳『ベアト・ルイス・ソテーロ伝』第10章より各文を適宜抜粋)

 第3巻に収録されているコリャードの書簡は、1633年に刊行された書簡(Señor. Fray Diego Collado de la Orden de Predicadores digo...[Madrid], 1633)をフランス語に翻訳したものです。この書簡は、日本におけるイエズス会の布教独占を厳しく批判し、またイエズス会が自身を含む他の修道会に対して根拠のない批判を繰り広げていることを非難したもので、日本における布教活動の行き詰まりの原因をイエズス会の布教方針の誤りにあるとして、ドミニコ会やフランシスコ会といった他のスペイン系修道会に日本布教を広く開放すべきであることをスペイン王に提言する内容となっています。また、その前段にはこの書簡が刊行されることになった当時の背景事情や、その後に与えた影響について、様々な関連資料を参照しながら論じられています。著者によれば、このコリャードの書簡は、教皇ウルバヌス8世(Urbanus VIII, 1568 - 1644)によって1633年に出された大勅書の発布を促すことに大きく貢献したとされています。この勅書は、あらゆるカソリック修道会が、その渡航経由地を問わず、日本に布教のために渡航することが認められることを正式に保障したもので、日本布教の独占と参入をめぐる、イエズス会とフランシスコ会をはじめとした托鉢修道会との長年の抗争に終止符を打ったことで知られていることから、著者の見解によれば、コリャードはこの抗争を終わらせる上で、多大な影響力を持ったことになります。いずれにせよ、先のソテロ書簡とその関連資料と同じく、現在ではどの資料も入手が非常に困難となっていますので、書簡そのものと関連資料を詳細に参照、引用しながら論を展開している本書の記述は、議論を理解する上での資料として、非常に価値が高いものと言えるでしょう。

 また、本書は中国布教において生じたいわゆる「典例論争」についても詳細に論じており、第3巻の口絵では、マテオ・リッチ(中国名: 利瑪竇Matteo Ricci, 1552 – 1610)やミケーレ・ルッジェーリ(中国名:羅明堅 Michele Ruggieri, 1543 – 1607)アダム・シャール(中国名:湯若望 Johan Adam Schall, 1592 – 1666)らが描かれています。中国におけるイエズス会士の活動は、単なる布教活動にとどまらず、東西文明の科学交流をも促したことで知られていますが、その一方で、現地文化を尊重するイエズス会の姿勢に対しては、異端的であるとの批判が絶えずなされることにもなりました。

「中国へ布教におもむいたイエズス会とドミニコ会の宣教師たちは、キリスト教への改宗を容易にする手段として、中国古来の信仰や儀式をキリスト教の典礼に取り込むべきか否か、議論を戦わせていた。この中国式典令に対し、クレメンス11世は1704年に反対を表明し、1705年にも再度、不可とする意思を伝えたのである。その結果、中国人は宣教師たちと敵対して、中国人キリスト教徒を迫害するようになり、布教所を閉鎖した。」
(P.G.マックスウエル・スチュアート / 高橋正男監修『ローマ教皇歴代誌』創元社、1999年、255頁)

 本書では、こうした当時の議論を反映して、批判的に中国におけるイエズス会の活動を論じているものと思われます。

 こうした典礼論争をはじめとして、18世紀後半に入ってからは、イエズス会を批判する声が次第に大きくなり、1758年には、かつてのイエズス会最大の庇護国であったポルトガルが、国王暗殺を同会が企んだとして国外追放を命じ、フランスも1764年に同会を追放することになりました。本書の刊行が開始されたのは、まさにフランスがイエズス会を追放した1764年ですので、本書は、この大きな転換期に際して、イエズス会の歴史を批判的に総括する目的で刊行されたものではないかと思われます。その後も、1767年にはスペインが同会の追放を決め、本書が完結するのは1771年のわずか2年後の1773年にイエズス会はクレメンス十四世によって禁止されることになるため、本書が果たした役割というのも興味深い点です。
 
 本書は全5巻として刊行されましたが、今回ご案内するものは最終第5巻を欠いております。しかしながら、日本に関して言及のある主要箇所は第4巻までに限られていることや、現在では全巻揃いは言うに及ばず、個別の巻でもほとんど入手できないことに鑑みると、4巻までが揃いで、しかも当時の装丁を保った大変状態のよいもので見つかることは、非常に稀なことと言えます。

 なお、各巻の詳細な書誌情報は下記の通りです。

Vol.1: Half title., Front., Title., pp.[j], ij-ccxxij, [1], 2-258, 256[i.e.259], 260-272, 209[i.e.273], 274-854, Plate: [1]

Vol.2: Half Title., Front., Title., pp.j-xvi, [1], 2-868, Plates: [2]

Vol.3: Half Title., Front., Title., pp.j-xxx, [1], 2-785, 586[i.e.786], 787-1056, double pages / folded plates: [2]

Vol.4: Half Title., Front., Title., pp.j-liv, [1], 2-332, 233[i.e.333], 334-1013, double pages plate:[1]