書籍目録

『ネーデルランド連合国に対する目下の戦争の正当性』(第2版)『ネーデルランド連合国に対する目下の戦争のさらなる正当性』初版

スタッブ

『ネーデルランド連合国に対する目下の戦争の正当性』(第2版)『ネーデルランド連合国に対する目下の戦争のさらなる正当性』初版

(合冊) 1673年 ロンドン刊

Stubbe, Henry.

A JUSTIFICATION OF THE Present War. AGAINST THE Vunted Netherlands….In Answer to a Dutch Treatise Entituled, Considerations upon the Present State of the United Netherlands. [bound with] A FURTHER IUSTIFICATION OF THE PRESENT WAR AGAINST THE United Nether

London, (Printed for) Henry Hills, and John Starkey, 1673 / MDCLXXIII(1673). <AB2020106>

Sold

Second edition & First edition.

4to (14.8 cm x 19.0 cm), 2 works bound in 1 vol. / Front.(facsimile), Title., 3 leaves, folded plate, pp.1-80. / Title., 11 leaves, pp.1-80, 79, 80(NO DUPLICATED PAGES), 81-86, 57-136(mins paginated), (some folded) plats: [4], facsimile of plate: [1], Near contemporary full leather, rebound.
同著者による2作品を合冊。装丁に傷み、テキストに染みが見られるが概ね良好な状態。欠落図版についてはファクシミリで補填。18世紀前後のものと思われる蔵書票あり。

Information

英蘭戦争の度にアンボイナ事件と共に英語圏で喧伝された同事件への日本の関与

ただいま解題準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

刊行時に近い装丁を残しつつ修復が施された形跡がある。スタッブによる2作品が1冊に合冊されている。
18世紀前後のものと思われる蔵書票も残存。
欠落している口絵はファクシミリで補填されている。本文中の図版で欠落しているものも同様の措置が取られている。
『ネーデルランド連合国に対する目下の戦争の正当性』(第2版)タイトルページ。前年に刊行された際には著者名を明記せず匿名出版だった。
序文冒頭箇所。繰り返される英蘭戦争を巡っていかにイギリスに正当性があるかを主張した論争書。
イギリスにとって東南アジア地域からの勢力撤退を余儀なくされた「アンボイナ事件」は英蘭戦争の度にオランダの不当性を攻撃する素材として繰り返し喧伝され、その度にオランダの不当行為とそれに深く関与している日本のことが伝えられることになった。ヨーロッパにおける政治事情と密接に関連した日本情報の伝わり方の一例として興味深い。詩人ドライデンさえ同事件を題材に悲劇作品を刊行している。
欄外中に見られるように、ヴァレニウスやカロンなど日本情報の権威と目されていた各種文献を参照している。より自身の主張の正当性を裏付けるためのものと思われる。
後半に収録されている、『ネーデルランド連合国に対する目下の戦争のさらなる正当性』初版タイトルページ。スタッブらの主張に対してはオランダからも反論する書物が数多く刊行された模様で、それに対するさらなる反論となっている。さながら紙上の英蘭戦争の観を呈している。
目次冒頭箇所。
アンボイナ事件におけるオランダの非道な拷問と虐殺を折込図版で表現している。