書籍目録

『旅行記集成 第2巻』

(プレヴォ)

『旅行記集成 第2巻』

デンマーク語版初版 1749年 コペンハーゲン刊

(Prévost, Antoine François de.)

Almindelig Historie over Reise til Lands og Bands; eller Samling af alle Reisebeskrivelser,...Ander Bind.

Kjøbenhavn (Copenhagen), publisher not stated, 1749. <AB201770>

¥162,000

First edition in Danish.

large 4to, Lacking Front, Title, 5 leaves, pp. [1], 2-127[i.e.141], 142-145[i.e.169], 170-35[i.e.353], 354-376, 376-391, 393-488, 488-527, 528, 523-526, 521, 522, 529-579, Folding maps: [10], Plates and maps: [18], Modern full calf.
口絵と1枚図版(番号19)が欠落。

Information

イギリス船として初めて日本に来航したセーリスの『航海記』デンマーク語版を収録

「プレヴォー・デグジル(通称アベ=プレヴォー Abbé Prévost)は、18世紀中ころのフランスの小説家、ジャーナリスト。フランス政府による海外植民思想の推進策に則り、ロンドンで刊行の始まったグリーン(John Green, fl. 1750-53)『新旅行記集成』をフランス語訳(パリ版という)した。底本は途中で廃刊となったが、その後もパリ版の出版はつづき、プレヴォー没後にも補遺が出版された。
 このパリ版に対して、英語原文に基づく修正と、オランダの国益の立場から東インド植民地について詳述を加えたものが、ハーグ版(1748−68年 全25巻)といわれる偽版である。本書は、ハーグ版のオランダ語訳版で、江戸時代舶載蘭書としても著名である。
 掲出頁は、第2巻所収ジョン・セーリス(John Saris, ca.1579-1643)『日本渡航記』の箇所。
 福知山藩主朽木昌綱が平戸藩主松浦静山にイギリス人の平戸公開記事について知らせるもととなった箇所である。」
(「24 旅行記集成 プレヴォー・デグジル ハーグ 1747−67 21冊」解説、天理大学付属天理図書館編『天理図書館開館71周年記念展 大海原へ〜コロンブスからペリーにみる西洋航海記〜』天理時報社、2001年 所収より) 

 本書は、上記目録にて紹介されているプレヴォ『旅行記集成』の珍しいデンマーク語版第2巻です。プレヴォー『旅行記集成』は、オランダ語、ドイツ語、イタリア語などヨーロッパ各国語に翻訳された18世紀を代表する旅行記集成ですが、収録される多くの地図をフランスの地理学者、地図製作者であったベラン(Jacques-Nicolas Bellin, 1703 - 1772)が描いたことでも有名です。ベランはプレヴォの『旅行記集成』をはじめとして、シャルルボア(Pierre-François-Xavier, 1682 - 1761)の『日本史(Histoire et description générale du Japon. 1736)』にも、数種類の日本地図を描いていることで知られています。

 プレヴォ『旅行記集成』のデンマーク語版は、1748年から62年にかけて全17巻で刊行されました。大型四つ折り版と、一回り余白部分の少ない、小型四つ折り版との二種類があると言われており、今回ご案内するものは、前者の第2巻にあたるものです。第2巻には、ジェームズ1世の国書を携え、イギリス船として日本を初めて訪れたジョン・セーリス(John Saris, ca.1579-1643)の航海記が収録されており、二種類の日本を描いた地図が収録しています。

 プレヴォ『旅行記集成』は、前述のように多くの翻訳版が存在していますが、オランダ語版、そしてこのデンマーク語版は特に稀覯とされています。特に後者のデンマーク語版はこれまであまり注目されていなかったもので、国内研究の所蔵もほとんどないものと思われます。なお、デンマーク語版全17巻のうち、日本に関する記事が登場するのは、本書である第2巻の他には、第15巻があります。

タイトルページ。本書は残念ながら、本来であればタイトルページ横にあるはずの口絵を欠いている。
199ページから始まるジョン・セーリスの航海記冒頭部分。
フィリピン図
東インド図(西部)
日本を含む東インド図
日本、朝鮮、中国図。本図に限らず、多くの地図は折り込み地図である。
セーリス記事中に挿入されている図版1
セーリス記事中に挿入されている図版2
ごく最近になって再装丁されたと思われるもので、状態は良好。