書籍目録

「改税約書」

(英国議会文書)(パークス)(水野忠精)

「改税約書」

1867年 ロンドン刊

(English Parliament Papers)(Parks, Harry S.)(MIZUNO IDZUMI NO KAMI)

JAPAN. No. 1. (1867.) CORRESPONDENCE RESPECTING THE REVISION OF THE JAPANESE COMMERCIAL TARIFF. Presented to both Houses of Parliament by Command of Her Majesty.

London, HARRISON AND SONS, 1867. <AB201755>

¥54,000

21.0 cm x 32.3 cm, pp. [1], 2-17, Disboud.
未装丁の状態。綴じ紐に緩みがあり、一部脱落箇所あり。

Information

安政五カ国条約の関税規定の改定、横浜居留地整備、灯台施設整備等を定めた「改税約書」のイギリス側公式文書。

ただいま解説作成中です。今しばらくお待ちくださいませ。

締結された条約内容の英文。関税方式の変更や居留地整備についての規定がある。
条約末尾の署名欄に、パークスはじめ列強諸国代表の名前と幕府代表の水野忠精の名を見ることができる。ARTICLE XIは灯台施設整備を定めたもので、これによる「お雇い外国人」第一号となるイギリス人技師ブラントンが1868年に新生明治政府によって招聘されることになる。
これにより関税方式が従価税方式から従量税方式となり、輸入の急増を招くこととなった。