書籍目録

「日本の有用な動植物について」

ヴィダル

「日本の有用な動植物について」

(順化協会紀要からの抜刷) 1875年 パリ刊

Vidal, M. Le Dr.

ANIMAUX ET PLANTES UTILES DU JAPON. NOTES ADRESSÈES EN RÉSPONSE AU QUESTIONNAIRE DE LA SOCIÉTÉ SUR LES PRODUCTIONS DE CE PAYS.

Paris, SIÉGE DE LA SIÉGE DE LA SOCIÉTÉ RUE DE LILLE RUE DE LILLE, 1875. <AB201993>

Sold

EXTRAIT DU BULLETIN DE LA SOCIÉTÉ D’ACCULIMATION.

14.8 cm x 23.0 cm, Title(Front cover), pp.[1], 2-45, 1 leaf(blank), Original paper wrappers.

Information

 本書の刊行を企画したのは、「順化協会(Société Nationale d'Acclimatation)」と呼ばれる協会で、これは世界中のあらゆる植民地の植生を調査するとともに、自国やヨーロッパの環境を理想像として、それらをより発展させつつ、植民地の環境を「改良」することを目的として調査、活動を行なっていました。フランス帝国主義を象徴する組織の一つとしても知られていますが、本書は、この「順化協会」紀要(第22号、1875年)において発表された論考を独立した書物として刊行したものです。

 協会の要請に答える形で行われた報告のようで、日本で供給が見込める動植物について簡潔に記されています。食用の動物として、哺乳類、鳥類、魚介類、甲殻類、昆虫類などを分類して報告していて、畜産動物については現状では供給がそれほど見込めない一方で、魚介類などについては比較的豊富である旨が述べられています。これに対して、植物の供給は豊富であるとして、食用、医薬用などの用途に用いることができる多くの農産物について述べています。また、逆に日本に導入することが望ましい品種についても論じており、これについてはごく最近まで日本が西洋諸国との関係を途絶していたため、一概に答えることは非常に困難であるとも述べています。著者の結論として、日本で我々(順化協会)が望むような動植物を得ることはきわめて困難であり、唯一それが可能と思われる方法は、開拓使(Kaïtakouchi)と交渉することではないかと思われると述べています。

 著者についての詳しいことについては不明ですが、フランスにおける日本の農産物や食料品に対する関心は当時から比較的高かったものと思われ、1878年のパリ万博ではこれらが数多く出品され、それらを網羅的に紹介する書物(Edouard, Méne. Des Productions végétales du japon. Paris, 1875)も、本書と同じ順化協会から刊行されています。