書籍目録

「日本島についての覚書」「蝦夷発見記」「日本大王国志」「東方韃靼記」「日本との通商関係樹立のための覚書」ほか『北方探検記集』第3巻所収

バーナード編 / フリース / カロン / マルティニほか著

「日本島についての覚書」「蝦夷発見記」「日本大王国志」「東方韃靼記」「日本との通商関係樹立のための覚書」ほか『北方探検記集』第3巻所収

初版(全3巻中第3巻) 1715年 アムステルダム刊

Bernard, Jean Frederic (ed.) / Vries, Maarten Gerrîsz / Caron, François / Martini, Martino…[et al.]

RECUEIL DE VOIAGES AU NORD, Contenant divers Memoires très utiles au Commerce & à la Navigation. TOME TROISIEME.

Amsterdam, Jean Frederic Bernard, M. DCC. XV(1715). <AB201982>

Sold

First edition, 3rd vol. of 3 vols.

12mo (9.0 cm x 16.0 cm), Title., 1 leaf(TABLE), pp.1-340, Contemporary full calf.
地図と図版が欠落

Information

カロンほか18世紀初めにおける最新の日本情報を多数掲載

 本書は、フランスの著述家、出版人であったバーナード(Jean Frederic Bernard, 1680 – 1744)が編集した『北方探検記』第3巻にあたるもので、初期オランダ商館長として多大な貢献をなしたカロン「日本大王国志」をはじめ、カロンが後年使えたフランスにおいて、コルベールの命によって著した「日本との通商関係樹立のための覚書」、オランダ人フリースによる現在の北海道付近の航海の記録である「蝦夷発見記」等々、日本に関係する極めて重要な記述が多数収録されている非常に重要な文献です。

 バーナードは、『偶像崇拝の国々の宗教文化と儀式(Cérémonies et coutumes religieuses de tous les peuples du monde. 1723-27)』の執筆者としても知られるように、世界各国の風習、文化に強い関心を持っていたものと思われます。バーナードが、ヨーロッパにとって特に未解明であった北方海域について、当時最新の知見を集成すべく刊行したのが本書『北方探検記』全3巻で、この企画は刊行直後から好評を博し、多くの海賊版や異本、後年の続編が出されるなど、多くの人々に読まれたことがわかっています。本書は、バーナードが1715年にアムステルダムで最初に刊行した3巻本の第3巻にあたるもので、特に日本関係記事を多数収録している点において、注目に値すべき文献です。

 本書に収録されている日本関係記事を列挙しますと次のようになります。

1. リール「『日本は島であるか否か』という問いについての書簡」(32-43頁)
2. フリース「日本北方のエゾの発見記」(44-56頁)
3. カロン「日本大王国志」(57-141頁)
4. マルティーニ「東方韃靼記」(142-179頁)
5. 「日本に関する追記と覚書」(180-185頁)
6. カロン「コルベールの命によって書かれた日本との商業関係樹立についての覚書」(181-197頁)
7. 「フランス国王よりシャム、韃靼、中国王朝への派遣施設への訓令指示書」(197-208頁)
8. 「フランス国王より日本皇帝に派遣されるカロンに対する訓令指示書」(209-220頁)
9. 「日本皇帝より発せられたポルトガル人の日本来航を禁止する命令書」(220-222頁)
10. 「中国近くのオランダに帰属する台湾島における、東インド会社と日本の2隻の船舶との間で消磁した特筆すべき出来事について(1627年ヌイツ捕縛事件報告)」(223-246頁)
11. 「日本帝国の平戸においてオランダが設置した商館施設の解体についての歴史的記録。平戸商館日記より抜粋」(246-256頁)

 このように、日本に関係する記事が実に多く収録されていることがわかりますが、特筆すべき点はその分量だけでなく、収録記事の質の高さにもあります。

 1の著者であるリール(Mr. de Lisle)についての詳細は不明ですが、この論考では、当時「日本」と呼ばれていた本州と、その北方にある蝦夷(現在の北海道)が繋がっているのか否か、また蝦夷がアジア、あるいはアメリカ大陸とつながっているのかどうかについて、それまでヨーロッパで刊行された日本図や記事を比較検討しながら論じたものです。この論考は、『北方探検記』の編者であるバーナードの意図に最も沿った内容であることから、冒頭に置かれたものと思われます。この記事を補うために、東洋学者レーラント(Adriaan Reland, 1676 - 1718)がある日本の地図(石川流宣言による日本図)をもとに発表したばかり「日本帝国図(Imperium Japonicum)」の改変版である「66か国に分かれたる日本図(Le Japon divisé en Soissante et six provinces)」が収録されているはずですが、残念ながら本書では切り取られてしまっており現存していません。ただ、レーラーントによる同図は同系統の地図が数多く出版されており、現在でも容易にみることができますので、それらを参照することは難しくありません。なお、石川流宣の図に拠った日本図は、レーラント自身が刊行した図と、本来本書に含まれていたはずの図がどちらも同じ1715年に刊行されていることから、いずれがより早い(オリジナル)かを巡って議論がなされてきました(ジェイソン・C・ハバード『世界の中の日本地図』2018年、柏書房(日本語版)、314-320頁参照)が、本書テキストにおいて、はっきりと「レーラントの地図」と記されていますので、ここから、やはりレーラント自身によるものが先行する図であったことが明らかになると思われます。 

 2は、オランダの航海士であるフリース(Maarten Gerrîsz. Vries, ? - 1647)が1643年に行った日本の北方海域の航海の記録を翻訳したものです。フリースの航海は、ヨーロッパ人による同海域の最初の航海となり、北海道東岸や択捉、得撫島などの測量情報をヨーロッパにもたらしたことで知られています。フリースがもたらした情報は、長きにわたって日本北方海域の貴重な情報としてヨーロッパにおいて影響力を与え、同地域の地図作成の際の最も権威ある情報として重宝されています。特にこの海域の最新情報を収集することが、編者バーナードの狙いだったとことに鑑みれば、この記事が2番目に掲載されていることも非常に合点がいくものです。

 3「日本大王国志」は、1619年から1641年までの長きに渡って日本に滞在し、オランダによる初期の対日貿易の基礎を築いたカロン(François Caron, 1600 - 1673)が、日本の政治・経済・社会について、オランダ東インド会社のバタヴィア総督の諮問に答える形で報告したものです。「日本大王国志」は1645年にオランダ語でカロンの許可を得ないまま出版されて以降、数多くの異本、改訂本、翻訳本が生み出されており、17世紀中を通じて、ヨーロッパにおける日本情報として最も信頼に足る情報として広く読まれました。本書に収録されているテキストは、テヴェノー(Melchisédech Thévenot, 1620? - 1692)による『旅行記集成(Relation de divers Voyages curieux…1673)に収録されたフランス語版『日本帝国についての記録(Relation de l’Empire du Iapon.1673)』を底本としたものと思われますが、このフランス語テキストは、カロン自身が手を加えたオランダ語版にさらに訂正を加え、テーヴェーノーの質問に答える形で、日本の医学書についての記事を冒頭に新たに追加したもので、数ある「日本大王国志」中にあって、最も重要なテキストの一つと目されているものです。

 4を著したマルティニ(Martino Martini, 1614 – 1661)は、1642年から10年近くにわたって中国宣教に従事したイエズス会宣教師ですが、彼はさらに北方の韃靼と呼ばれる地域、そしてその海上を隔てた先にある蝦夷についての地理情報の収集にも尽力しており、ここに収録されている記事はまさにその成果を発表したものです。

 5から11までは「日本関係補遺」としてまとめられているものですが、いずれも非常に資料的価値が高いと思われる記事ばかりです。カロンは、離日後バタフィアの商務総監を務めるなどオランダ東インド会社の要人としてキャリアを重ねますが、会社との行き違いもあって1651年に帰国し会社を去ることになったところ、ルイ14世によってその絶頂期を迎えつつあったフランスの財務総監コルベール(Jean-Baptiste Colbert, 1619 - 1683)に請われて設立まもないフランス東インド会社に破格の待遇で迎えられることになりました。1661年にパリに赴いたカロンは、コルベールに対してフランスによるアジア貿易振興策を矢継ぎ早に提案しており、この時に作成したと思われる、フランスによる極東地域への施設派遣に向けた訓令書の草案が、7, 8であると思われます。9, 10, 11は、これらの草案を補足するべく、日本とヨーロッパとの交易の歴史を理解する上で重要と思われる事件に関連する資料をまとめたものと推察されるものです。ポルトガルが日本を追われることになった公文書や、初期の日蘭貿易において深刻な問題をもたらした、台湾におけるオランダ東インド会社と日本の朱印船との間で生じた事件(オランダ東インド会社総督の名に因んでヌイツ事件と呼ばれる)の報告、そして平戸のオランダ商館が取り壊し命令を受けた際の記録を、平戸商館日記から翻訳する形で掲載しています。いずれもカロンが深く関与した事件であり、恐らくカロンが先の訓令書草案をコルベールに提出する際に合わせて提出したものではないかと思われます。

 本書はこのように、18世紀初頭のヨーロッパにおいて非常に充実した、しかも最新の日本情報を提供するもので、その資料的価値は看過しない重要性を書物であると思われますが、叢書第3巻に記事が収録されていることもあってか、これまであまり顧みられることがなかった資料です。上述の通り本書は、本来収録されているはずのレラントに基づく日本図が欠落していますが、同図が他の文献でも見ることができるのに対して、本書に収録されている豊富な日本関係記事の多くは、他の類書で見ることのできない貴重な情報であることに鑑みると、研究素材として大きな魅力を備えた一冊ということができるでしょう。