書籍目録

『マロニエ第一歌集』

パリ短歌会

『マロニエ第一歌集』

手書?私家版 1944年(8月) パリ刊

<AB201918>

In Preparation

15.5 cm x 19.5 cm, not paged leaves, Contemporary vellum.

Information

第二次世界大戦末期激動のパリで作成された歌集 湯浅年子ら各界の著名在仏邦人らが寄稿

ただいま解題準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

「マロニエは巴里及びその郊外に非常に多く巴里在住の歌人には最も親しまれ歌に詠まれている。従ってわれら同人が歌誌の名に選んだのも当然である。このマロニエ㐧一歌集は昭和十九年一月の創刊号から六月号までの出詠歌と巴里短歌会詠草(自昭和十八年二月 至昭和十九年二月)及び雑誌「巴里」投稿歌の中から大凡四十首を自選して集成したものである。尤も時間の都合で予定通り再び同人間に諮って互選すべきを省いた。

 これは六月六日米英軍が仏本土ノルマンディーに上陸し戦雲ただならぬ時に当ってマロニエ同人、今友の運命も計り難く又今後別々になり行きはせぬかと思ひ紀念の為め蒼惶として編輯したものである。

 又この歌集は異國に咲いた日本の慰めだと思ったらいい。長年外國に居て祖国とは僅に文字の上での交渉しか持たぬ、それも四年前から殆ど何も入手出来なくなったのにわれわれが十年一日の如く日本の短歌を愛し短歌に親しみつつあることは寧ろ祖國の人には不思議に思はれるに違いない。然し外國に長く居れば居る程祖国を思ふの念は切なるものがある。

 幸巴里には廣庭夫妻のお世話で短歌会が出来たので歌誌マロニエが生れた。今マロニエも小さい乍らここに実を結んだのである。無駄花や余計な青い実は振り落とされても後へ残った実が完全に成熟して行き又他のマロニエの苗木となり親樹は益々繁茂成長して行くならばそれは望外の喜である。

 このマロニエ㐧一歌集を上梓するに当って同人及び会友諸兄姉の幸福とマロニエ誌の将来を祈りつつ序を了る。

昭和十九年八月一日 巴里にて 長島壽義」
(本書序文より)