書籍目録

『イエズス会アルブリティーオ神父による聖なる賛辞集』

アルブリティーオ / (日本二十六聖人殉教事件)

『イエズス会アルブリティーオ神父による聖なる賛辞集』

ジュンタ版 1655年 ヴェネツィア刊

Albritio, Luigi.

PANEGIRICI SACRI Del Padre LVIGI ALBRITIO Della Compagnia di GIESV.

Venetia, Giuti, M. DC. LV. (1655). <AB2018214>

¥216,000

Giunti ed.

12mo (8.0 cm x 14.0 cm), Half Title., Title., 4 leaves, pp.1-140, 73(i.e.141), 142-355, 256(i.e.356), 357-365, 364(i.e.366), 367-522, 235(i.e.523), 524-575, Contemporary parchment.
背の革に切れ目と破れあり。本文テキスト余白に一部刊行当時のものと思われる書き込みとテキスト上にインク染み(363頁)あり。

Information

 本書は、イエズス会士を中心とした歴史に名を残したカソリックの聖人や福者を個別に取り上げ、その生涯と偉大さを讃えたものです。英雄を称える称賛演説に起源をもつ「賛辞」を集めた賛辞集は、ルネサンス以降の出版物において一つの大きなジャンルとなったもので、特にカソリック出版物の文脈においては、本書のように聖人や福者を讃える重要な出版物として捉えられ、当時の賛辞演説の名手による様々な賛辞集が出版されています。イエズス会神父のアルブリーティオ(Luigi Albritio, 1579 - 1655)による賛辞集である本書には、イエズス会創始者であるロヨラ(Ignacio López de Loyola, 1491 - 1556)(164-211頁)や、日本布教の道を開いたザビエル(Grancisco de Xavier, 1506? - 1552)(212-262頁)、第3代イエズス会総長であるボルジア(San Francisco de Borja, 1510 - 1572)(348-389頁)などの、主にイエズス会の初期の活動を支えた人物らの生涯を題材とした賛辞が収録されています。

 日本との関係で本書が興味深いのは、日本のイエズス会士であった3人、パウロ三木、ヨハネ五島、ヤコブ喜斉の生涯についての賛辞が、263頁から306頁にわたって収録されていることです。1597年2月15日に長崎の西坂の丘の上の刑場で26人のキリスト教信者が処刑され流といういわゆる「二十六聖人殉教」事件は、豊臣秀吉による大規模なキリスト教迫害事件として、当時在日していた宣教師ルイス・フロイス(Luís Fróis, 1532 - 1597)による報告などによって、当時からヨーロッパで広く知られ、また非常に大きな衝撃を与えました。事件から30年後の1627年に、殉教者26人は福者としてウルヴァノ8世によって列福されたことで、この事件はその後もヨーロッパで長く記憶されることになり、様々な出版物が生み出されています。本書では、上述したイエズス会の創始者や初期活動を支えた人物らと並んで、彼らとほぼ同じだけの紙幅を割いて日本のイエズス会士が取り上げられており、当時の彼らの殉教が与えた衝撃の大きさと、極めて高い評価を見て取ることができる非常に興味深いものです。

 なお、本書は1655年にヴェネツィアで出版されていますが、16世紀を中心にフィレンツェを始めイタリア各地における勢力的な出版活動で知られるジュンティ(Giunti)家のうち、主にカソリック関係著作の出版を行なっていたヴェネツィアのジュンティから出版されており、有名なジュンティ家の出版標章をタイトルページに見ることができます。