書籍目録

『世界萬國全図説』(地球万国全図説覧)(萬國地球全図説)

小林公峯

『世界萬國全図説』(地球万国全図説覧)(萬國地球全図説)

1舗 江戸末期(1853年以前?) 出版地不明

<AB2023162>

Sold

37.3 cm 76.3 cm,
一部に虫食いが見られるが、丁寧な裏打補修がなされている。保存用の秩付属。

Information

長久保赤水の世界図などに影響を受けつつも独自の世界観を提示した一般向け世界図

ただいま解題準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

「上に中華船、朝鮮国船、暹羅船、下に阿蘭陀船、亜魯西亜船、外国車船、右に地球が球体であることを示す図があることが特徴である。この図は南北に圧縮されているが、「墨瓦蠟泥加」は南方大陸の西に移り、日本の南方に「豪斯多刺里亜」の表記が現れるが、箕作図系から採られたものか。図形は南北に圧縮され、地名の「ハフ」は良いとしても「ノロエチエ」、「ルマガハ」などは類を見ない。北米には合衆国も共和政治も無い。
 海野(【大成】解説p.77)によれば中華船・阿蘭陀船は長崎・大和屋版唐船阿蘭陀船図の図柄に一致するとされ、外車船のところでペリー艦隊の記載がないのはそれらの来航した嘉永6(1853)年の前の製作ではないかとしている。唐船図は実際、文錦堂の図にも近い。亜露西亜船は当時来航したロシア船とは類似せず一名の蒙古双船とあるように蒙古風ともいえ、これも長崎版画に由来すると考えられている。当時、異国船はかわら版にも登場しており、なかには小林図が底本(原図)と考えられるものもあるかもしれない。」
(海田俊一『図説総覧 江戸時代に刊行された世界地図』三恵社、2019年、128ページ(IV-8-①解説記事より)