書籍目録

『日本輿地路程全図に基づく日本列島地図』

[長久保赤水] / [シーボルト] / [ホフマン] / [郭成章]

『日本輿地路程全図に基づく日本列島地図』

(『NIPPON』第4回配本から、ないしは『日本叢書』第5巻) [1835年] [ライデン刊]

Nagakubo, Sekisui / Siebold, Philipp Franz von / Hoffmann, Johann Joseph / Kuo, Ch’en-chang.

INSULARUM JAPONICARUM TABLAE GEOGRAPHICAE SECUNDUM OPUS NIPPON Jo TSI RO TEI SEN TSU.

[Leiden], [1835]. <AB2020180>

Reserved

(Extracted from 4th distribution of ”NIPPON” or Bibliotheca Japonica 5)

4 folded maps. 56.3 cm x 69.3 cm, Contemporary colored.
刊行当時の手彩色が施された4枚の地図で、いずれも良好な状態。

Information

精巧に翻刻されてヨーロッパに伝えられた、江戸後期を代表する日本図

ただいま解題準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

「3、4回配本は1835年の1月と2月にそれぞれ出たという。(中略)
 4回配本では、本文として『NIPPON I』の日本への旅行記が出され、図版にはシーボルトが測った長崎港の水深図や景観図、長久保赤水の『改正日本輿地路程全図』が出た。図版数は他の配本に比べて少なく、11枚であるが、手彩色による4枚の地図(『日本輿地路程全図』)が添えられた。
 4枚の地図のタイトルは、漢字で『日本輿地路程全図』と印刷されている。原図のタイトルは、表紙に『改正日本輿地路程全図』(内題『新刻日本輿地路程全図』)とあり、水戸藩の『大日本史』編纂にも関係した儒者・地理学者である長久保赤水の作である。作図は、長久保自身の踏査結果や当時の官撰図類、地理・天文学書の比較考証によるもので、後の伊能図のように実測ではないが、均整のとれた沿岸線の輪郭など図形の正確さにおいて画期的であり、江戸時代後半に何度も版を重ねた。
 シーボルトは『NIPPON』本文のなかで、この地図は書店で売っており、教養ある日本人は持っていると述べている。初版は1779(安永8)年、2版は1791(寛政3)年であり、シーボルトは1811(文化8)年の3版を持ち帰っている。ライデン大学図書館には、10点の同系統の日本地図があり、その中にはシーボルト以外の人物による収集も含まれている。そのうちの1点(No.UB220C)の表紙に『56 改正日本輿地路程全図 常州水戸長玄珠子玉父 1811』という付箋が貼られている。この付箋は、収集した図書類をシーボルトが助手のホフマン、郭成章とともに整理して、1845年に刊行した目録を切り貼りしたものであり、筆跡は完全に一致する。
 文化8年版をもとに、『NIPPON』用の石版画を描いたのは郭成章であり、シーボルトは本文のなかで『中国の書写生の郭成章に忠実な複写の石版を作らせ』たという。シーボルトは地名を日本語のまま写させた。彼は、赤水の地図に緯度・経度はあるが、正確ではないと見抜いており、地名集として刊行したという。彼が意図したところは、

『漢字と日本語で書かれている地名を見つけ出し比較するのに誰にも喜ばれるであろう。このような地図が一般に役立つことを否定するものではないだろう。現在は漢字と日本文字を読んだり翻訳する機会もあるのだから、地名集としても非常に役立つのは明らかである。』

と述べる。確かに、現地では翻訳された地図よりも、その地の言葉で書かれた地図のほうが便利である。シーボルトは、日本の漁民や船乗りは誰でもこの地図を読むことができ、水先案内が可能であるという。原図の『改正日本輿地路程全図』は、縦85cm x 横1370cm の大きさであり、これを4つに分割して描かせたのも地名を読むことができるようにするためであろう。『NIPPON」のなかの『日本輿地路程全図』は、ファン・ヘルダー社から購入された紙を裁断せずに印刷されている。通常の『NIPPON』図版に比べると、倍の大きさになるので、見開き図または折り込み図として製本されている。
 彩色について見てみると、原図は国ごとに色分けされている。『NIPPON』でも国ごとに色分けしており、多少の違いはあるが、原図に沿っている。(後略)」
(宮崎克則『シーボルト『NIPPON』の書誌学研究)花乱社、2017年、31-33ページより)