書籍目録

「シベリア、満州、北太平洋のアジア諸島の現状と生産物、通商の可能性について、ならびにこれらの国々と通商関係を開くことに重要性についての、地理、政治、通商に関する覚書」

パーマー

「シベリア、満州、北太平洋のアジア諸島の現状と生産物、通商の可能性について、ならびにこれらの国々と通商関係を開くことに重要性についての、地理、政治、通商に関する覚書」

(アメリカ議会文書) [1848年] [ワシントン刊]

Palmer, Aaron Haight.

MEMOIR, GEOGRAPHICAL, POLITICAL, AND COMMERCIAL, ON THE Present state, productive resources, and capabilities for commerce, of Siberia, Manchuria, and the Asiatic islands of the Northern Pacific Ocean; ...

[Washington], Tippin & Streeper, [1848]. <AB2021146>

Donated

(30th Congress 1st Session. [Senate] MISCELLANEOUS. No. 80. )

14.0 cm x 22.,5 cm, pp.[1], 2-76, 1 leaf(addenda), 1 leaf(blank), 1 leaf, 1 folded large map, Modern brown card boards.

Information

 本書は、ペリー(Matthew Carlbarith Perry, 1794 -1858)による日本遠征隊の実現に向けて活躍したロビイストであったパーマー(Aaron Haight Palmer, 1785? - ?)によって書かれた、「東方の未知の国々 (The Unknown countries of the East)」とアメリカが通商関係をいち早く結ぶことを提言したもので、アメリカ議会の公式文書の一つとして1848年に刊行されたものです。

 ペリーの日本遠征隊は、突如として計画されたものではなく、当然ながらそこに至るまでの複雑な文脈がありました。アメリカ捕鯨業の発展による太平洋進出、カリフォルニアの領土獲得と金鉱発見による西海岸経済の爆発的発展、それに伴う太平洋横断航路への商業的期待、中国を主とする東アジア地域でのイギリスとの経済的覇権をめぐる熾烈な競争、等々といった多くの複雑に入り組んだ経済的、政治的、外交的文脈の微妙なバランスの上で実現したものです。後年から見ると、アメリカが「一貫して」「確固たる意志と目的を持って」日本遠征隊を計画していたと思ってしまいがちですが、実際には、むしろ当時のアメリカ国内におけるミクロ・マクロ双方の様々な条件が織りなす中で、辛うじて実現されたといったほうが正しく、それだけにその背景にあった文脈を一つ一つ丁寧に読み解くことが、日本遠征隊の全貌を理解する上では欠かせません。

 パーマーは、ニューヨークで法律事務所を開く一方で、政財界とのコネクションを強め、大陸横断鉄道実現と、太平洋を挟んだ東方アジアの独立国との交易拡大を主張するロビイング活動を活発に展開していました。特に、彼は日本との交易を実現することがアメリカの(そして自身の)利益につながることを熱心に主張し、自ら膨大な調査報告書を作成し、政府関係者に提案していました。また、ペリー自身とも出発前に情報交換を行っているほか、長崎オランダ商館への働きかけも行っていました。彼の提言は、彼自身によって印刷されたものもあれば、議会文書として後に公刊されたものもあり、また作成当時からオランダ語に翻訳されているものもあることから、何らかの形で日本側にその主張が伝わっていた可能性もあります。

 本書は、パーマーによる数多くの提言の中でも比較的早い時期に印刷されたもの一つで、ポーク大統領(James K. Polk, 1795 - 1849)に、北太平洋上にある諸国との通商関係をアメリカが開くことの重要性を強く主張したものです。パーマーによると、この提言は、当時パーマーが公刊することを予定していた著作『東方の未知の国々について (The Unknown countries of the East)』と題した大部の作品の一部を抜粋したもので、次のような構成をとっています。

1. シベリア、その価値ある生産物と豊富な金鉱について
2. キャフタにおけるロシアの中国との陸上貿易について
3. 満州とアムール川、その他について
4. タラカイ(Tarakay)、あるいはサハリン島について
5. ロシアと日本のクリル諸島、その他について
6. 中国との蒸気船による交流について:船山(Chusan)の通商上の優れた利点
7. 東方への特別使節:インダス川とジャムナ川その他の蒸気船による航行。北東アジア、中央アジアその他とのキャラバン貿易の拡張。
8. 中国人農業労働者のカリフォルニアへの移民促進政策について:ミシシッピからサンフランシスコ湾に至る鉄道
9. 大西洋と太平洋つなぐ船舶

 上記の本文に続いて、『東方の未知の国々について』の梗概が掲載されています。この著作は、イギリスをはじめとしたヨーロッパの列強諸国の影響力がそれほど及んでいない地域や国々の通商情報をまとめたもので、これらの地域や国々との通商関係をアメリカがいち早く結び、太平洋を跨ぐアジア交易を活性化させることが、アメリカの国益に叶うことを力強く主張する作品となるはずだったようです。残念ながらこの「東方の道の国々ついて』という作品は(出版社まで具体的に決まっていたにもかかわらず)どういうわけか公刊されることがなかったようですが、本書に収録されているこの梗概は、アメリカ大陸東西を鉄道網で結び、さらにアメリカ西海岸とアジア諸国とを蒸気船で接続することによって、アメリカを中心とした通商ネットワークを樹立することを目指すパーマの壮大な計画の全貌とその詳細の一端を垣間見ることができる非常に貴重な資料です。

 また、巻末にはパーマがこの提言のために製作した折り込みの大きな地図が収録されています。この地図は、日本や中国沿岸部を、アリューシャン列島などを中心に描いた太平洋図で、本書で論じられている地域の地理情報を一眼で理解することができる地図となっている非常にユニークな地図です。この地図は当時の議会関係者にとって非常に有益な情報なるとともに、パーマーの主張に対する理解を促進する上でも大いに役立ったことと思われます。

 なお、パーマー日本開国に関連する各種刊行物を年代順にまとめますと、(店主の知りうる限りでは)下記の通りとなります。

[1846年]
Letter to the Hon. Charles J. Ingersoll, chairman of the Committee on Foreign Relations of the House of Representatives, containing some brief notices respecting the present state, productions, trade, commerce, &c. Of the Comoro Islands, Abyssinia, Persia, Burmah, Cochin China, the Indian Archipelago, and Japan; and recommending that a special mission be sent by the government of the United States, to make treaties, and open and extend our commercial intercourse with those countries.
New York, Printed by J.M. Elliott.
16p.
所蔵:日文研(NCID: BA85181100)


1848年(本書)
Memoir, geographical, political, and commercial, on the present state, productive resources, and capabilities for commerce, of Siberia, Manchuria, and the Asiatic islands of the Asiatic islands of the northern Pacific Ocean; and on the importance of opening commercial intercourse with those countries, & c. : addressed to his excellency James K. Polk, President of the United States.
[Washington?], Tippin & Streeper, printers.
105, [1], 2p., [2] folded leaves of plates: maps.
所蔵:日文研(NCID: BB2411715X)


1849年
Letter to the Hon. John M. Clayton, secretary of state, enclosing a paper, geographical, political, and commercial, on the independent oriental nations; and submitting a plan for opening, extending, and protecting American commerce in the East, &c.
(respectfully submitted to the president and cabinet, by Aaron Haight Palmer)
Washington, Gideon & Co., printers.
Revised, and now republished with an appendix.
63, [1]p.
所蔵;日文研(NCID: BB20917813)

*上記のオランダ語訳
De handel op de westkust van Amerika, en de oostelijke kunsten en eilanden van Azie.
(In Tijdschrift voor Nederlandsch Indië, 11 de Jrg., Twaalfde Aflevering, 1849)
[Groningen], [Erven C. M. Van bolhuis Hoitsema]
p.[369]-386.
所蔵:日文研(NCID: BB21220301)


1855年
Memorial of Aaron Haight Palmer, praying compensation for services, in collecting valuable information and statistics in relation to the geography, productive resources, trade, commerce &c., of the independent oriental nations.
(33D Congress, 2d Session, Mis. Doc. No. 10)
[Washington]
23p.
所蔵:日文研他3機関(NCID: BB2753923X / BB2411715X)

1857年
Documents and facts Illustrating the origin of the mission to Japan, authorized by the United States Government, May 10, 1851; and which finally resulted in the treaty concluded by Commodore M. C. Perry, U.S. Navy, with the Japanese commissioners at Kanagawa, bay of Yedo, on the 31st March, 1854. Which is appended a list of P. Kennedy, late Secretary of the Navy, by the order ,on the 26th February, 1853, for the use of the projected U.S. exploring expedition to Behring’s strait, &c., under the command of Commander Cadwallader Ringgold, U.S. Navy.
Washington, Henry Polkinhorn, printer.
22p.
*1973年にScholarly Resources、2002年にRoutledgeより復刻あり