書籍目録

「天正遣欧使節記念 教皇シクストゥス5世のメダル」

(天正遣欧使節)(教皇シクストゥス5世)ボニス

「天正遣欧使節記念 教皇シクストゥス5世のメダル」

1585年(1589年) ローマ鋳造

(Tensho Embassy) (Pope Sixtus V.) Bonis, Niccolo de

AB REGIBVS IAPONIOR PRIMA AD ROMA PONT LEGATIO ET OBEDIENTIA

Roma, 1585(1589?).

Sold

Silver medal. 36 mm,

Information

天正遣欧使節のローマ教皇謁見を記念して鋳造された記念メダル

 1582(天正10)年に、イエズス会巡察使ヴァリニャーノとともに、ローマを目指して、キリシタン大名の大村純忠、大友宗麟、有馬晴信の名代として派遣された、伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン4人の少年使節団は、現在「天正遣欧使節」と呼ばれ、日本から初めてローマ教皇に正式に派遣、謁見を許された使節として非常によく知られています。使節は、インドのゴアでヴァリニャーノと別れ、1585年3月に教皇グレゴリオ13世と謁見、その直後にグレゴリオ13世が崩御したため、後継として新たに教皇となったシクストゥス5世とも謁見を許されました。

 天正遣欧使節のヨーロッパ歴訪は、当時のヨーロッパでも大きなセンセーションを巻き起こし、1585年前後に夥しい数の使節に関する書物、パンフレットが印刷されています。天正遣欧使節のヨーロッパ歴訪のハイライトは、言うまでもなく教皇との謁見にあり、当時の文献の多くがこの時の様子を詳細に記しています。そのうちのいくつかは、現代においても当時の使節を知るための非常に重要な資料として用いられており、国内の研究機関においても所蔵を見ることができます。

 ところで、この謁見は、書物だけでなく、謁見を記念し教皇と使節を称える記念メダルの作成を促しました。本資料は、この記念メダルに他ならず、シクストゥス5世と天正遣欧使節との謁見を記念して特別に鋳造された大変貴重なものです。

 メダルの表面には左を向いた教皇シクストゥス5世の胸像が描かれています。新教皇は使節団を丁重にもてなし、自身戴冠式にも参加させ、スペロン・ドーロ勲章の授与やローマの永代名誉市民権を贈ったことでも知られています。裏面には、使節を記念したラテン語の文言が記されており、「日本の国々から教皇の座すローマへの初の使節団と恭順。1585年」とあるのが確認できます。当時のローマでは、こうした教皇を記念するメダルを鋳造するのは、特別な勅許を得た職人だけに許されており、このメダルはボニス(Niccolo de Bonis)によって作成されたものです。

 2017年に神戸市立博物館、東京富士美術館、青森県立美術館で開催された「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア」展では、グレゴリオ13世と使節の謁見を記念したメダルが展示されました(展示目録24)が、その解説文では次のように記されています。

「興味深いことに、裏面の献辞は、グレゴリウス13世の後をついで教皇に就任したシクストゥス5世のために、ニッコロ・デ・ボニス(1576−92まで活動)が鋳造した貴重な作例にも見られる。これは1589年から翌年に作られたもので、おそらく使節団の帰国を記念したものと考えられている。」
(『遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア』(図録)、東京富士見術館、2017年より。メダルに記されたラテン語訳も基本的には同書訳による)

 上記の展示企画で展示されたグレゴリウス13世の記念メダルは、ヴァチカン教皇庁図書館から借り受けたもので、上記の解説文で言及されているシクストゥス5世の記念メダル(つまり、本資料)の展示はありませんでした。現在では、この記念メダルは極めて貴重となっており、国内所蔵機関は、ほとんどない(あるいは存在しない)だけでなく、市場に流通すること自体が滅多にないと言われています。16世紀末の奇跡的な東西交流を物語る大変に貴重な資料と言えるものです。

教皇シクストゥス5世の胸像。シクストゥス5世は、崩御したグレゴリオ13世の後継として教皇に選出された。使節は新教皇の戴冠式にも参加し、シクストゥス5世は使節団を丁重にもてなし、スペロン・ドーロ勲章の授与やローマの永代名誉市民権を贈った。
「日本の国々から教皇の座すローマへ初の使節団と恭順。1585年」とラテン語で記されている。